Hydro Flask/ハイドロフラスク オフィシャルサイト|ハワイ発ステンレスボトル
 
 

We are Hydro Flask.

We are
Hydro Flask.

HydroFlaskは太陽の光が降り注ぐ暑いビーチで氷のように冷たい水を、スキー場のリフトの上では熱いコーヒーをご提供します。
キャンプでたき火の薪を集めているとき、キャンピングチェアのそばで根気よく冷たいビールを携えてあなたの帰りを待っています。
あるいは、ハイキングの間中、ずっとあなたののどを潤し続けます。「氷よし、水よし、さぁ行こう!」 登山口まで車で向かい、2000フィートを登りきり、その眺めを楽しんでいる5時間後のあなたは依然、手もとに氷と水を持っているのです。
朝もやのかかった、ニジマスの泳ぐ川の岸辺で熱い紅茶を楽しむ、雪道で子供たちを熱いココアでほっとさせる、土曜日の午後ヨガをしながらお気に入りの飲み物でリフレッシュ。HydroFlaskがあればこんなことが可能なのです。Hydro Flaskはお出かけのお供だけでは終わりません。
お出かけが素晴らしいものになるお手伝いをいたします。

Join us on our
mission to save
the world from
lukewarm.

Hydro Flaskとは

Hydro Flaskは幸いなことにオレゴン州ベンドをホームタウンと呼ぶことができます。この町は東は荒野、西は山地になっています。この地理は私たちが何者であるかについて多くのことを語っています。 そこでは仕事前にCone (近隣のスキーも楽しめる雪山)をハイキングし、素晴らしい眺めとともに熱いコーヒーを楽しむのは、珍しいことではありません。昼休みが一本道と太陽の光だけの世界を味わう時間帯になることは多く見られます。また、仕事を終えた後には、デッキでハンバーガーを焼き、ビールボトルを分かち合っている姿を目にできるでしょう。私たちは仕事の時も遊びの時も手を抜きませんし、人生に対する姿勢においても、…また、いつでもどこでも口にする飲みものにも「生ぬるさ」を受け入れません。 Hydro Flaskは2009年に設立され、初めての全断熱ボトルラインナップを市場に投入しました。当初は慎ましい販売結果でしたが、国中の携帯ボトル好きの人々の間で爆発的に拡大し、2011年までに売上高は100万ドルを超えました。その後、ビール市場に目を向け、史上初の断熱グラウラー(ビールボトル)を発売しました。それ以来とどまるところを知りません。

お客様に全く新しい革新的な商品を提供するために、日々たゆまぬ努力を行っています。断熱キャップから断熱カテゴリー内の最軽量ボトルに至るまで、製品とそのカテゴリーへの献身は引き続き当社の最大の焦点であり続けています。6年足らずのうちに、現在4つのカテゴリーの100種類以上の製品を提供しています。HYDRATION、COFFEE、BEER、FOODの4カテゴリーです。 自慢するわけではありませんが、当社は自らの達成を誇りに思っています。2年連続でInc 500の「急成長企業リスト」とOutside誌の「働きたい企業リスト」にランクインし、また、その他の製品・業界の賞もいただいたことを、光栄に思っています。 2015年にはヨーロッパ進出を果たしました。今後も世界中に進出する予定です。 これまでのすべてを通して、はっきりとわかっていることがあります。 それは、あなたがどこに冒険に出かけても、Hydro Flaskは想像以上のリフレッシュの提供を約束できる、ということです。さぁ、一緒に生ぬるさから世界を救いましょう!